毎年新鮮な牡蠣がその場で手頃な値段で味わえる「あっけし牡蠣まつり」についてまとめました

スポンサーリンク

この記事をシェアする

 

f:id:branchchannel01:20181006151529p:plain

 

 

 

 

どうも!ぶらちゃん(@branchchannel01)です。

 

 

 

今年も行ってきました「あっけし牡蠣まつり

 

厚岸といえば、やっぱり牡蠣ですね。毎年5月と10月の約10日間、開催されています。

 

まつりの期間中の日曜日には、子供から大人まで楽しめるイベントも行われています。

 

僕は今年で5回目。

 

 

やはり新鮮の牡蠣は美味しく、ぷりっぷりっで最高でした。

 

f:id:branchchannel01:20181007161610j:image

 

このまつりは春と秋に毎年開催されていて、今年で春は69回・秋は56回目の開催されています。

 

海産物を炭焼きできる緑の芝生が広がるスペースもあり、そのために焼き台のレンタルやシートの販売もされていて、出店で買った新鮮な牡蠣や海産物をその場で食べることができるのが魅力の一つです。

 

古くからやっている厚岸伝統のイベントですね。

 

 

今回の記事は、毎年新鮮な牡蠣を手頃な値段で食べることができる「あっけし牡蠣まつり」の日程や会場、アクセスなどの詳細をまとめました。

 

必要な持ち物もあるので、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

 

厚岸ってどこにあるの?

 

厚岸町は、東北海道では最も早く開けたところで、松前藩によるアッケシ場所の開設は寛永年間(1624年~1643年)とされ、文化元年(1804年)には蝦夷三官寺の一つとして国泰寺が建立されるなど、東北海道開拓の玄関として、また、道東文化発祥の地として長い歴史を誇っており、天然の良港と牡蠣を代表とする海の幸、屯田兵の入植から開拓された酪農郷と相まって発展してきました。 昭和30年には厚岸道立自然公園の指定を受け、平成5年には厚岸湖・別寒辺牛湿原がラムサール条約に登録されるなど、豊かな自然環境にも恵まれており、それら豊富な地域資源をいかし、守る、自然と共生するまちです。

引用:厚岸町の歴史 | 厚岸町の歴史・文化財 | 厚岸町の紹介 | 北海道厚岸町

 

 

札幌からだと高速道路で走って、約5時間かかります。

 

 

 

 

 

地図で見ての通り、こんなに端っこにあります。

 

札幌からであれば遠いので、前乗りして会場から5分ぐらいで着く道の駅で車中泊も可能です。

 

www.hokkaido-michinoeki.jp

 

 

 

今年のあっけし牡蠣祭りの詳細について

 

 

日程

 

平成30年10月6日(土)~14日(日)

 

会場・アクセス

 

子野日公園(厚岸町奔渡6丁目9番交通機関:JR花咲線厚岸駅よりくしろバス(霧多布線、床潭線)に乗車し、子野日公園で下車(所要時間約20分)

 

問い合わせ:厚岸観光協会

電話番号:0153-52-3131 (厚岸町役場内)

 

 

会場内の様子について

 

奥まで行くと傾斜のある緑の芝生が広がってます。芝生に焼き台を置いて牡蠣を焼いて食べます。

 

f:id:branchchannel01:20181007162450j:image

 

焼き台はレンタルも可能で、僕たちは毎年、炭台(小)でレンタルして食べています。値段は800円。焼き台の大きさは小でも、二人であれば十分足ります。

 

会場には、多くの出店が立ち並び、牡蠣はもちろん、アサリやホタテ、サンマなどの新鮮な海産物、牡蠣ラーメンやカキ弁当、あさり汁などのグルメも堪能できます!

 

お祭り期間中には様々なイベントも開催され、

「ちびっこあさりつかみどり」や「厚岸産牡蠣のつかみ取り」「秋のサンマつかみ取り」など贅沢なイベントが開催されます!

 

厚岸の新鮮な海産物を楽しめる!それがあっけし牡蠣まつりなんです!

 

 

手ぶらでも十分新鮮な牡蠣を味わえる

 

炭台はレンタル可能です。値段は下記の通りです。

 

・炭台(大):1300円

 

・炭台(小):800円

 

・レジャーシート:450円

 

バーベキュー鍋:500円

 

 

売っている牡蠣は殻付きの牡蠣なので、ナイフが必要です。会場でも販売していますが、心配であれば、事前に購入した方がいいかもしれません。

 

 

 

レンタルして、手ぶらでも可能ですが、なかには持参して大きなレジャーシートを敷いたり、キャンプ用の椅子を持ってきて使ってる人もいます。

 

僕たちもキャンプ用の椅子を持参していきました。自分たちで荷物を持参したほうが、応用が利くので便利だと思います。

 

 

まとめ 

 

今回もたくさん食べて満足しました。味が濃厚で食感はぷりっぷり。まさに贅沢な一時を味わいました。 

 

今年は25個ほど食べました。

 

来年もまた行こうと思います。

 

是非皆さんも一度、毎年開催される新鮮な牡蠣を「あっけし牡蠣まつり」で手頃な味わうことができるので行ってみてください。