ランニングは体への最高の投資!メリットとデメリットをまとめてみた

スポンサーリンク

この記事をシェアする

 

f:id:branchchannel01:20180926123624j:image

 

 


どうも!ぶらちゃん(@branchchannel01)です。

 


ここ最近、ランニングを始めました。

 


時間は30分ほどですが、程よく汗もかいて体も気分もスッキリしてすごく気持ち良く走っています。

 


今回の記事についてですが、ランニングは体への最高の投資だなと感じたので、そのメリットとデメリットをまとめました。

 

 

 


これからランニングを始めようかと考えている人は是非参考にしてみてください。

 

 

 

 

ランニングのメリット

 


①体と心がスッキリする

 


走った人しかわからない爽快感があります。

 


今まで重かった体が走ったことで、軽くなってどこへでも飛んでいけそうなくらい軽く感じます。

 


心のモヤモヤが取れたり、いいアイデアが浮かんできたり、気分が前向きになれます。

 

 

 

②運動不足解消

 


ランニングは日頃の運動不足解消に役立ちます。

 


なかなか運動できなくてと、嘆いている方はランニングを始めましょう。

 


③ご飯が美味しい

 


動いた後のご飯はとても美味しい。これが本当のご飯はかもしれませんね。

 


ついつい食べ過ぎてしまうほどです。

 


少し気をつけないと、食べ過ぎて体が動かなくなって、ランニングをやめてしまわないようにしましょう。

 


④程よい疲労で寝つきがいい

 


疲れていないとエネルギーが余っているので、なかなか寝れないこともありますが、ランニングによってちょうど良い疲れで寝つきを良くてしてくれます。

 


⑤体へのリターンが大きい

 


体のキレが戻ります。球速が10kmアップしそうなほどです。動きが機敏になります。

 


基礎代謝を上げてくれダイエットに効果的です。ダイエットしたい人はランニングを始めましょう。

 


体力が付くので息が上がりにくく、疲れも以前よりも感じなくなります。

 


階段の昇り降りが楽になります。あんなに昇るのが大変な駅のホームへの階段も楽になります。

 

 

 

ランニングのデメリット

 

①体のあちこちが痛くなる

 


日頃の運動不足がたたっていますね。ふくらはぎや太もも、足の裏、上半身も痛くなります。

 


あちこちで体が驚いています。

 

 

 

②怪我する可能性が高まる

 


運動すれば怪我が隣り合わせです。

 


そのためにもランニング前後のストレッチや、ランニングを継続して怪我しない体を作りましょう。

 


特にランニング前後のストレッチは大切です。体を伸ばして、体が驚かないように少し温めてあげること。そしてランニングが終わった後は、ストレッチをすることで筋肉への疲労を軽減させてあげましょう。

 


あわせて読みたい

 

branchchannel01.hatenablog.jp

 

 

 

 

③疲れて動きが遅くなる

 


体が疲れると、早くできていたことがゆっくりになります。

 


最初のうちは時間がかかりますが、慣れれば問題ありません。

 


④お金がかかる

 


ランニングするのに、走る格好が必要になってきます。

 


今あるもので構いませんが、揃えるなら当然お金がかかります。

 


ウェアーやシューズ、ズボンや帽子など。揃えようと思えば、たくさんあります。

 


まずは走れる格好は最低限でもいいので、ランニングが継続できてきたら、揃えていくといいと思います。

 


もしくは先に格好に投資して、ランニングせざるを得ない状況にするのもアリです。

 

 

 

⑤何もしたくなくなる

 


デメリットの③と似ていますね。

 


疲れは体力がない証拠でもあります。

 


だから体力がなくなってくれば、何もしたくなくなるのも当然。

 


ランニングを継続して体力向上させれば、疲れにくくなっていくので、いろんなことにアクティブになれると思います。

 

 

 

まとめ

 


ランニングのメリットとデメリットでしたが、するのしないのも自由。

 


ただランニングは、体への最高の投資だということは間違いないです。

 


メリットもあればもちろんデメリットもありますが、ランニングのメリットのほうが大きいです。

 


ランニングすることで、体が変われば心も変わりますし、心が変われば行動も変わります。

 


体へのリターンが大きくて、これを読んで着替えて今すぐにでも、走れるランニングはオススメです。