何を発信したらいいかわからない人に必要なたった3つのこと

スポンサーリンク

この記事をシェアする

 

f:id:branchchannel01:20180911162355j:image

 

今回は何を発信したらいいか、わからない人向けにたった3つのことを実践してもらうだけで解決する記事です。

 

 

 

ブログを始めたはいいけど、、、

Twitterを始めたはいいけど、、、

 


「何を発信しよう!!??」

 


僕も最初の頃は、何を発信したらいいかわからず困っていました。

 

 

たった3つなので、ぜひ実践してもらえればと思います。

 

 

①自分の好きなことや経験してきたことを洗い出す:決意

 


今まで振り返ってみてください。自分は何が好きだったか。

 


例えば、

 


・外で遊ぶのが好きだった。

→外で遊ぶ楽しさを発信。

 


・虫を捕まえるのが好きだった。

→その中でも好きな虫について発信。

 


・おもちゃで遊ぶのが好きだった。

→おもちゃの魅力、作り方の説明などを発信。

 


・電車が好きだった。

→電車の歴史を発信。

 


・スポーツが好きだった。

→特に好きなスポーツについてのルールや魅力について発信。

 

 


あくまで例ですが、好きなことから少し掘り下げてあげるだけで、発信内容が決まってきます。

 


あとは、経験してきたこと。

 


僕の場合は小さい頃から体が弱かったのと、体について勉強しているので体のことや、仕事で悩んだ経験から心のこと。

 


あわせて読みたい

 

branchchannel01.hatenablog.jp

 

branchchannel01.hatenablog.jp

 

 

 

他にも病気を患った経験を発信しています。

 


あわせて読みたい

 

branchchannel01.hatenablog.jp

 

 

branchchannel01.hatenablog.jp

 

 


あとは、9月6日に発生した、北海道胆振東部地震のこと。

 


あわせて読みたい

 

branchchannel01.hatenablog.jp

 

 


これまでの人生で経験したこと、経験した上で感じたことを、自分なりに解釈して発信するだけでも、できることがありますね。

 

 

 

経験はその人の人生です。その経験を発信することはとてもいいことです。

 


好きなことなのか経験したことなのかをまずは決めましょう。

 

 

②あれもこれと手を出さない:選択

 


上記の①で書いたように、好きなことや経験したことを発信するとしても、あれもこれも手を出せば、この人は結局何を伝えたいんだろうという風になりかねません。

 

洗い出した中で、これだったら無理なく自分にとって伝えることができそうなことで、発信しましょう。

 


自分を作ってまで何かを発信するのは違います。

 


自分のが楽なスタンスを取りましょう。

 


どっちが楽なスタンスなのか、伝えていくうちにわかることもあるので、発信するうちに違えば、軌道修正しても構いません。

 


その時は、発信内容を変えたことをみんなに伝えましょう。

 

 

 

③決意して選択できたらあとは進むだけ:行動

 


発信することは好きなこと、経験したことにしようと決めました。

 


そのどちらかについて発信しようと選びました。

 


そしたらあとは発信するという行動するのみ。

 


ボタンを押せば、新しい世界の始まり始まり。

 


いろんな世界が見えてきますよ!

 

 

 

まとめ

 

 

 

発信して面白いのは、発信したことで人からの反応があること。

 


僕も私もそうでした!役に立ちました!

様々な反応が出てきます。

 


そこから仕事が生まれたり、収益を得ることや新たなつながりを得ることも可能です。