【被災】平成30年北海道胆振東部地震のレポート

スポンサーリンク

この記事をシェアする

 

f:id:branchchannel01:20180907095645j:image

 

 

こんにちは。ぶらちゃん(@branchchannel01

)です。

 

9月6日午前3時8分。

 

震度7という、北海道観測初の大きな地震

 

強い大きな揺れで、奥さんと寝ていた僕は、スマホ地震の緊急速報の音と、必死で奥さんを守りながら、飛び起きた。

 

初めての震災。

大きく揺れた自宅。 

 

平成30年北海道胆振東部地震

 

胆振=「いぶり」と読みます。

 

とにかく怖くて怖くて仕方なかった。

 


被災直後からの状況レポート

 

 

起きた直後、どうしていいか全然わからなかったです。パニックになると、人間って本当に何をしたらいいのか、わからなくなるんですね。

 

 

 

全く用意もできていないので、慌てて準備しました。防災に対しての認識の甘さが出ました。

 

 

 

とにかくまずはネットでどうすればいいか、調べました。お風呂に水を入れて溜めたり、あらゆる容器に水を入れて溜めました。

 

あとは、再度揺れが起きた時のために、家具を移動させながら、リュックサックに荷物を積んでいました。

 

水は飲み水として使ったり、体や手を洗ったり、トイレを流す時に必要になってきます。

 

 

地震直後から、停電のため電気は全く使えず。明かりって不思議なもので、あるだけで人を安心させる力がありますね。

 

暗闇の中、必死で懐中電灯を探しました。

 

 

怪我をした人もたくさんいらっしゃいます。消防車のサイレン、警察のサイレン、外は真っ暗でしたが、騒然としていました。

 

 

 

 

食料を求めて近くのコンビニに行ったら、大行列でした。ご飯もの、パンは、水は売り切れ。スマホの充電器、電池も売り切れていました。

 

 

電気が使えないので、トイレが流せないと思ったんですが、非常用で流させる方法がありました。

 

 

災害メモ

 

被災したことで起きたこと、災害に必要なことを箇条書きですが、まとめました。

 

 

メモは今後も更新していきます。

 

現在の状況レポート

 

・午前6時現在の停電復旧状況です。

 

 

 

僕の住んでいる地域は、復旧しつつあります。

 

 

・公共交通機関

 

 

 

・道内各地のスーパー営業情報

 

 

 

 

 

 

今ではだいぶ復旧してきました。

 

水も電気も使えることがこんなにもありがたいことなんだと、改めて確認できました。

 

 

 

まだ予断は許されない状況

 

しかし、未だ安心できる状況ではありません。

 

 

 

今自分ができること、もしかしたら来るかもしれない大きな地震に備えて、大きな被害を受けた厚真町のみなさんやその他の地域のみなさん無事を祈っています。