後でやろうの時点でもう遅いからさっさと今やったほうがいい

スポンサーリンク

この記事をシェアする

 

f:id:branchchannel01:20180816171623j:plain

 

 

「後でやろう」

 

 

 

誰にでも経験があると思います。

 

 

 

 

「テレビ見てから後で勉強しよう。」

「後でこの資料に目を通そう。」

 

でも、大抵は「テレビ見終わったけど、時間がないから明日やろう。」と後回しになって結局、やらないことが多いんじゃないんでしょうか。

 

「後でやろう。」は「やらない」と同じことだと思います。

 

 

やるなら今しかないんですよ。

 

 

やらないのはやりたくないし面倒だから

 

シンプルに考えて、やりたかったからすぐやりますよね。お腹が空いてたらすぐに食べますよね。それと一緒です。やりたければすぐにやればいいんです。

 

人は目の前の辛いことよりも楽しいことを優先します。確かに楽しいことがあれば、嫌なことなんてしたくないですよね。

 

僕も楽しいこと優先しますし、面倒だったらやりたくないですもん。できたら避けたい、、、。

 

 

面倒は嫌いだけど楽しいことは好きです。

 

みなさんもそうじゃないですか?

 

 

一瞬の面倒を避けたことでより面倒になる

 

でも考えてみてください。

 

一瞬の面倒なことを避けたことで、この先のことがより面倒になることがわかるなら、後回しにしないで今やったほうがいいですよね。

 

 

勉強はまさにそうで、勉強って日々の積み重ねなんですよね。その時に勉強しなかったことで、次からの勉強がわからなくなりますよね。

 

 

解決しなきゃいけない時に後回しにしてたら、次に進もうと思っても進めなくて面倒になって、しまいには付いていけなくなって勉強自体を放棄してしまう。

 

 

頭の良し悪しなんて関係ないですよ。

 

その時に、

 

「やったか」

「やらなかったか」

 

だけの違いだけです。

 

誰だって勉強して問題がわかれば、勉強も楽しいと感じたことが少なからずあるはずです。

 

勉強はしてもしなくてもどっちでもいいんです。

 

勉強はいつでもできるし、生きていればいつでも勉強ですから。勉強についてあんまり深く考える必要はないと思います。

 

一瞬の面倒を避けないで、その時にやるかやらないかです。

 

 

面倒になるから今やってしまえ

 

勉強もわからなくなったら面倒に感じてやらなくなるし、苦痛に感じますよね。

 

そして勉強はつまらないとか大変という嫌な記憶になってしまうんですよね。

 

 

面倒になる前に今やると手を打ってしまえば、こんなことにはなりません。つまづいたのはその時に後回してしまったから。

 

 

 

 

だから「後でやろう。」と思ったら一度引き返して「今やろう。」と決めて動いてみてください。少しでもいいです。動けばいつの間にか進んでますから。