欠点は決して悪いことじゃなくてどう付き合っていくかが大事だと思う

スポンサーリンク

この記事をシェアする

 

 

f:id:branchchannel01:20180520152002j:plain

 

欠点と聞くと悪いイメージが浮かびますよね。ただ欠点は決して悪いことじゃありません。

 


 

欠点の言葉の意味を調べると、

 

・不十分なところ。足りないところ。短所。あら。「欠点を補う」「欠点をつく」

 

 

・学校の成績で、必要な点数に足りないこと。落第点。

[用法]欠点・弱点――「燃料を食うのが、この車の欠点(弱点)だ」「相手の欠点(弱点)をつく」「欠点(弱点)を補う」など、相通じて使われることが多い。

 


◇「欠点」は難ずるべきところ、改めるべきところという意味合いが強く、「弱点」は十分でない弱い部分という意味合いで用いられる。「他人に対する思いやりに欠けるのが彼の欠点だ」を「弱点」で置き換えることには無理がある。「彼の弱点をつかむ」を「欠点」に置き換えることはできない。

◇類似の語に「短所」がある。「短所」は、「気が短く怒りっぽいのが彼の短所だ」のように「欠点」と相通じて用いられるが、性格的なことについて用いられることが多い。

 

 

欠点がどうもマイナス捉えられているなと。別に欠点を持ってたっていいじゃないかと思うんです。

 

完璧な人はいない。


誰しもが欠点を持っているけど、それを活かすも殺すも自分次第だと思うんです。

 

 

 

欠点をどう活かすか

 

僕も欠点と呼ばれるものをたくさん持ってますが、欠点があることを悲観してないし、人生においてハンデになるとも思っていません。

 

欠点は苦手なことや上手くできないことだと思うんです。

 

 

むしろ、欠点があることはどこか人間らしくて良いと思うんです。


 

だから欠点と一緒に生きていこうと決意できたし、周りから欠点を恥じることはないんだと教えられたからだと思います。

 

欠点は言い換えれば、その人の個性だと思うんです。


 

僕の場合は上手く言葉にできないという欠点を持っていますが、欠点を活かして、言葉について少しずつだけど、勉強したりこうしてブログを書いたりしています。

 

欠点に感謝できるか

 

 

 

自分の欠点を認めて上手く付き合っていった方が僕は良いと思います

 

上手く言葉にできない欠点がなければ、もしかしたらブログを書いたり言葉について勉強しなかったかもしれません。

 

 

そういう意味でブログを書いて、こうやって皆さんとの出会いもなかったと思うし、上手く言葉にできないという欠点があったからこそだと感謝しています。

 

 

欠点と上手く付き合っていけばいい

 

 

僕も最初の頃は、欠点が見つかればすぐに応急措置して欠点を治そうと必死でした。

 

ただそうやって治そう治そうとして、途中で苦しくなってくるんですよね。

 

大丈夫じゃないから腹が立って上手くいかなくてどこかで無理してたんだと思います。

 

ちゃんとしなきゃ駄目だとかおかしいとかそんなはずないんです。誰もが欠点を持ってるから大丈夫だしそんなことを思う必要もないんです。

 

治そうとするのも大事だけど、それと上手く付き合っていく方が僕には合っていて、上手く付き合う中で改善していけばいいなと思っています。

 

病気であれば完璧に直す必要があるけど、それ以外のことならそこまで完璧になる必要はないんじゃないかなと思います。

 

僕は他にも良く忘れ物をするという欠点もあります。


これは大事なものまでも無くてしまうという僕の中で事件がありました。

 

こういう出来事も考え方ひとつです。


物を無くしたことってことは、僕にとって本当に大事なものは何なのかを気付かせさせてくれた出来事なんだなと少し時間が経って今は思えます。

 

そして物を無くしたからといって、何も残らないことはないってことはないし、死ぬ時は何にも持って行けないですからね。

 

まとめ

 

上手く言葉にできないことも忘れ物をよくしてしまう欠点が、こうやってブログに書けるチャンスに変わって良い経験ができています。

 

無くした僕が言うのもなんですが、大切なものは無くして気付くようじゃ遅いし、大事なものならもう少し大事に扱うことです。


その時は、「次こそは無くさないように気を付けよう」と思って決意して注意するんですけど、時間が経つとまた同じように忘れ物をするんですよね。

 

痛い目を見ても何度繰り返すので、病気なんじゃないかと疑ったりしました。

 

今は落ち着きましたけど、この時ばかりは僕自身の欠点を呪いたくなって落ち込みました。

 

こういう経験もあって欠点との付き合い方も変わっています。

 

欠点は決して悪いことじゃない。


欠点へのイメージを少しでも緩和して、欠点と上手く付き合っていくことで自分が生きやすいようになると思います。