ブログという農作業をしたからこそ食べることができる

スポンサーリンク

この記事をシェアする

 

 

f:id:branchchannel01:20180305212018j:plain

 

 

これからブログやってみようかなと思っている人やそうでない人も、今回の記事を読んで是非、ブログの事について少しでも何かを考えるキッカケになればと思います。

 

 

ブログは農作業のようなもの

 

ブログで何かをしたいのであれば、ブログで発信しないと誰も見向きもしません。

 

じゃあ発信すれば、見るのかと言われるとそうでもありません。

 

厳しいかもしれませんが、ブログはネットでのやり取りです。

 

同じような情報がたくさんあるんです。

 

その情報の中で読まれるようになるには、読んでためになったなと思わせることです。

 

このためになる情報をこつこつと発信し続けた結果、「あっ、このブログはためになる」と、読んでくれる人が増えていくわけです。

 

ブログは農作業のように、種まきして育てて芽を出し成長していくんです。

 

これをすっ飛ばして、いきなりどーんと読まれるブログも例外でありますが、基本はこつこつです。

 

 

ブログを始めるのは簡単

 

ブログって情報を登録すれば簡単に始められるんですよね。

 

ブログと聞くと、やっぱり最初は日記のように、日々の出来事を書くことからだと思います。

 

今日はどこどこに行って、こんなことがあって、こう思ったみたいな。

 

今じゃブログはたくさんの人がやっていて、同じような情報がそれこそ簡単に書けちゃう時代です。

 

簡単に書けちゃうからこそ、間違った情報や人を傷つけることをしてしまったりすることが起こります。

 

 

自分だからこそ書けるものがある


ただそうなると何も書かなくなりますよね。

だから書かなければいい話かもしれません。

 

しかし、書かなければ何も起きません。

 

 

ブログといっても奥が深いんですよね。

 

あなたの目線であなたの想いで書くからオリジナリティが出るのがブログです。

 

 

そこから派生してたくさんの人と繋がることができたり、やりたいことが実現できたりするのもブログの面白さの一つでもあります。

 

 

ブログの位置付けを決めるのは自分である

 

ブログを日記と捉えて書くのも良し。好きなことを発信して共感を得たりするのも良し。やりたいことの実現のために使うのも良し。

 

要はブログをどう使うかは自分次第ってことです。

 

もしビジネスをする上で使うのであれば、自分の考えや姿勢を表現して共感してもらい、商品を買ってもらうのもブログでできることです。

 

先にやっている人から教えてもらえばいい

 

ブログはたくさんの人がやっていると話しました。なので、ブログで自分を表現するのであれば、多くの壁があるしライバルがいます。

 

最初は知識もなく何から手を付ければいいかわからないと思います。


車の免許を取るにはまず、運転できるように学校に通わなければいけないですよね。

 

学校に通って先生から、運転の仕方を教えてもらって合格すれば晴れて車の運転ができます。


ブログは学校に通う必要性はありません。

 

 

 

 

ブログで何かをしたいのであれば、車の運転で先生がいるように、ブログを先に始めていた先輩にどうやるのかを聞けばいいんです。

 

 

ブログはネット上でのやり取りでもあるので、ネットで検索すれば、良し悪しはありますが自分が知りたい情報を仕入れて、ブログを運営していけばいいんです。

 

 

まとめ


ブログは独学でやるのも誰かに教えてもらうのも自由ですし、ただ目的を達成させる事に変わりはないんですからね。

 

ブログを知るにはブログを知っている人から教えてもらうのが早いです。

 

その過程で情報を買ったり、検証したり、自分で行動を起こさなければなりません。

 

ブログに正解も間違いもないと思います。

 

こう書いたらこういう反応なんだなとかこれを書くと反響が大きいなとか、ブログを書くことで影響を与えているって凄いことだと思いませんか!?

 

大変なこともあるけど、楽しいのがブログですから、もし辛くなったら仲間に頼りましょう。