体調が優れない時は体調を整える5つの方法を実践しよう

スポンサーリンク

この記事をシェアする

 

f:id:branchchannel01:20180211165123j:plain

 

どうも!ブラチャン(@branchchannel01)です。


体調が優れなくなることは誰にでもあるし起こりうることですよね。

 

僕は割と体調を崩しやすくて、いつもその度に頭を悩ませていました。

 

だからどうすれば、体調良く過ごすことができるかを調べてまとめたので、良かった参考してみてください。

 

 

1、睡眠を確保する


きちんと睡眠が取れているか取れていないかで生活の大きな影響が出ます。

 

眠いと思考力も落ち、大事な決断をするのに影響が出てしまいます。

 

眠いと何もやる気起きないですよね。

 

睡眠不足はパフォーマンスが十分に発揮できなくなります。

 

2、体を動かす


体を動かすと心身ともにリフレッシュ効果が期待できます。

 

悩んでいる時はまず体を動かしてあげることで、心もリフレッシュできます。

 

体を伸ばすストレッチをするだけでも違います。

 

 

branchchannel01.hatenablog.jp

 

 

体と心は一心同体ですから意識して体を動かすといいですよ。

 

3、呼吸を整える


忘れやすいのが呼吸です。

 


普段何気なくしている呼吸も、忙しいと呼吸が浅くなり体に情報な空気が入りません。

 

呼吸は自律神経を整えるのに大切なことです。なので、意識的に深呼吸しましょう。

 

やり方は簡単です。

 

まずはゆっくりと鼻から大きく息を吸って、ゆっくりと口から息を吐くだけです。

 

5回ほどやるだけで気持ちも落ち着きますし、気分も変わってきます。

 

4、姿勢を正す

 

姿勢を正すことも大事です。忘れがちですね。 

 

今やスマホやパソコンが欠かせない時代。

前傾での姿勢が目立つようになっています。

 

ストレートネックは現代病と言われるほどです。

 

前傾姿勢は先ほど挙げた、呼吸にも関わってきます。

 

前傾姿勢になると呼吸が浅くなり、新鮮な空気が体に入りづらくなるんですよね。

 

姿勢を正すことは頭をリフレッシュさせ、全身の筋肉がバランスよく使われて、程よい疲労が睡眠を促してくれます。

 

5、食事をきちんと摂る


食事はエネルギーを充電するの必要不可欠ですよね。

 

美味しいものをよく噛んで食べる。たったこれだけです。

 

難しいことはありません。

 

お腹が空いたら体がエネルギーを求めているサインです。

 

サインをきちんと受け取って、食事をしっかり取りましょう。

 

まとめ


実はどれも当たり前と思われていることなんですよね。

 

ただ意外とみんなできていない。

 

甘く見ていると、体調を崩す可能性は高くなるので注意が必要です。

体調を崩す時は、この5つのどれかが欠けているので気をつけてください。

どれが一つが欠けてもパフォーマンスが落ちてしまいます。

 

体調が優れないなと思ったら、この5つを実践して体調を整えてみましょう。



その時は良くても、後から必ず症状になって表れてきます。

 

 

参考になったら幸いです。